エクセル2013/2016の使い方「No6」文字色の設定方法

このページでは
エクセルのセルに入力した文字を
好みの色に変える方法を説明しています。

単純に文字色だけでなく、
その文字の背景(セル)にも色を付けて
視認性を良くする方法も追記しています。

用意された色から選択する方法や
自分で自由に色を作ることもできます。

簡単で単純な操作ですが、
実際の操作画像4枚を使い
初めてエクセルを使う人にも優しい説明です。


文字色の設定方法

文字の編集の続きです。

ここでは
エクセルのセルに色を付ける方法と
文字に色を付ける方法をお知らせします。

★セルに色を付けます。

セルの背景に色を付ける方法

色を付けるセル「A2」を
右クリックで編集ツールを表示して
赤丸をした塗りつぶしアイコン右の
▼をクリックで
「テーマ色」の一覧から
「青」を選択したのが上の画面です。

エクセルのセルの背景が選択した青色になりました。

エクセル2016/365では
上部のツールバーの「ホーム」タブに
ツールが常に表示されています。

このように色を付けたい
セルを選択して
色を選択するだけでOKです。

色は「テーマ色」の他、
標準の色(原色)や
「その他の色」から多彩な色を選択できる他
「ユーザー設定」で自由な色を作り設定できます。

その他の色の「標準」から選択

その他の色の選択方法

エクセルで
「その他の色」をクリックすると上のように
「色の設定」画面の
「標準」タブが開きます。

色を選択して
「OK」ボタンをクリックです。

「ユーザー設定」タブで色を作る

エクセルのユーザー設定で色を作る方法

エクセルの
「標準」タブから
「ユーザー設定」に切替たのが上の画面です。

自分が作りたい色に近いところをクリックして
右の縦のバーの
「<」を上下して色の濃さを調整。
右下に完成する色が表示されます。

エクセルの文字に色を付ける

エクセルの文字に色を付ける方法

色を付けるセルをクリックして
ルールを表示したら
「A」アイコン右横の
▼でカラーのメニューを表示します。

色の選択方法は
セルに色付けるのと同じです。

次は簡単に連番を入力する方法へ


1.エクセルの起動 

2.新規ブックを開く 

3.ファイルの保存方法 

4.保存先の選択方法 

5.ファイル名の入力 

6.シートのサイズの設定 

7.印刷サイズの設定 

8.印刷サイズの確認 

9.余白の設定方法 

10.プレビューで設定 

11.セルとシートの説明 

12.文字入力とセル幅 

13.セル幅に文字を合わせる 

14.セル内で改行する方法 

15.文字を編集する方法 

16.文字色の設定方法 

17.連番を入力する方法 

18.罫線の挿入方法 

19.罫線を編集する方法 

20.セルの結合方法 

21.結合後の編集方法 

22.数値の表示変更 

23.日付 時刻 %表示 

24.郵便表示と小数点 

25.計算式の入力方法 

26.簡単に合計を計算

27.式を複数セルにコピー

28.答えの場所を移動する

29.関数を使った式を使う