エクセル2013/2016の使い方「No14」罫線を編集する方法

このページでは
既にエクセルのセルに挿入した罫線に
変更を加える方法を説明しています。

例えば
一部の罫線の削除や線の
太さを変える、
点線に変える、
斜め線を入れるなどです。

初心者の場合は
罫線は挿入できたけど
削除はどうする?
というのが最初の疑問かと思います。

保存前であれば
戻るボタンで削除も可能ですが、
この部分だけ削除したいなど
一部だけ削除は?となります。

動画と画像付きで
丁寧に説明していますので
理解し易いと思います。


罫線を編集する方法

エクセルのセルに
一度付けた罫線を
他の罫線に変更したり
追加や削除する編集方法です。

罫線は先に説明の
罫線の挿入
に利用したツールを使う他に、
セルの右クリックから開くメニューの
「セルの書式設定」からも実行できます。

セルの書式設定メニュー

次のように範囲を選択して
右クリックから開く
「セルの書式設定」の
「罫線」タブで実行できます。

※エクセル2016/365は
「ホーム」タブの
「セル」アイコンから
「書式」をクリックで開くメニューの
「セルの書式設定」を選択という手順です。

エクセル2016で書式設定を開く

次のが書式設定の画面です。

セルの書式設定画面

「線」の項目にある
「スタイル」から
外枠は太い線を選択して
格子は
二重線を選択してみました。

「線」を選択をした後に
 右側に表示されている
「罫線」の画面のところで
クリックした線に適用されます。

次のように挿入されます。

二重線の挿入例

エクセルの
設定画面で挿入した罫線は、
設定画面でもう一度クリックすると消えます。

次は二重線を点線に変えた場合です。

罫線を点線に変えた例

セルの下側だけに罫線を入れることもできます。

セルの一部にだけ罫線を入れる方法

こうして一度入れた罫線を
設定画面でクリックして
不要な罫線を削除して必要な罫線だけ残す。
または変更することもできます。

■動画で見ると理解し易いと思います。

こちらはツールから
即変更を加える簡単な方法と
書式設定から実行する方法の
両方を説明しています。

右クリックが有効にならない
最新バージョンのエクセルでは
上記のエクセル2016/365の方法で開いてください。


セルの結合方法へ進むにはこちら


1.エクセルの起動 

2.新規ブックを開く 

3.ファイルの保存方法 

4.保存先の選択方法 

5.ファイル名の入力 

6.シートのサイズの設定 

7.印刷サイズの設定 

8.印刷サイズの確認 

9.余白の設定方法 

10.プレビューで設定 

11.セルとシートの説明 

12.文字入力とセル幅 

13.セル幅に文字を合わせる 

14.セル内で改行する方法 

15.文字を編集する方法 

16.文字色の設定方法 

17.連番を入力する方法 

18.罫線の挿入方法 

19.罫線を編集する方法 

20.セルの結合方法 

21.結合後の編集方法 

22.数値の表示変更 

23.日付 時刻 %表示 

24.郵便表示と小数点 

25.計算式の入力方法 

26.簡単に合計を計算

27.式を複数セルにコピー

28.答えの場所を移動する

29.関数を使った式を使う