エクセル2013/2016の使い方「No12」プレビューで余白の設定

このページでは
エクセルで印刷を実行する前に、
どのように印刷が実行されるのか
印刷する用紙のサイズで
プレビュー画面を開き
印刷のイメージを確認する方法のお知らせです。

実際の画面の画像を使って
説明していますので分かり易いと思います。


プレビュー画面で余白の設定

ここでは、
エクセルのプレビュー画面で
余白の設定をする方法の説明をします。

プレビュー画面で
印刷イメージを確認しながら余白を調整するには
シートのサイズを設定」で説明した画面
(「ファイル」→「印刷」で表示される画面)で
エクセルの画面右端下のボタン
(余白表示アイコン)をクリックします。

エクセルの余白表示アイコン

画面に余白のラインが
薄く表示されます。

この余白ラインにマウスをのせると
カーソルが←l→ に変わるので
ドラッグ(クリックしたままスライド)して
ラインを目的の余白になるように移動します。

エクセルのプレビューでの余白設定

余白の設定は先に
4種類のパターンを
ユーザー設定として登録して
利用することもできます。

印刷設定画面の
「標準の余白」項目または
エクセルのメニューの
「ページレイアウト」→
「余白」→
「ユーザー設定の余白」
これは
即必要なことでもないので
詳細は後から追記したいと思います。

ここまでの操作が理解できていたら
後の操作は楽になります。

次は罫線の挿入方法についてです


1.エクセルの起動 

2.新規ブックを開く 

3.ファイルの保存方法 

4.保存先の選択方法 

5.ファイル名の入力 

6.シートのサイズの設定 

7.印刷サイズの設定 

8.印刷サイズの確認 

9.余白の設定方法 

10.プレビューで設定 

11.セルとシートの説明 

12.文字入力とセル幅 

13.セル幅に文字を合わせる 

14.セル内で改行する方法 

15.文字を編集する方法 

16.文字色の設定方法 

17.連番を入力する方法 

18.罫線の挿入方法 

19.罫線を編集する方法 

20.セルの結合方法 

21.結合後の編集方法 

22.数値の表示変更 

23.日付 時刻 %表示 

24.郵便表示と小数点 

25.計算式の入力方法 

26.簡単に合計を計算

27.式を複数セルにコピー

28.答えの場所を移動する

29.関数を使った式を使う