エクセル2013/2016の使い方「03」保存先の選択方法

このページ自体は
エクセルのファイルの保存先を
選択する際の入り口部分を説明しています。

このサイトは
エクセルの操作方法を1つの作業毎に
1ページで説明しています。

説明している内容は
その前後のページの流れに関連しています。


保存先の選択方法

一つ前の画面 エクセルの
メニューから保存を選択
 からの続きです。

新しく作る
エクセルのファイルを
何処に保存しようか?と
決める必要があります。

通常
「ドキュメント」のフォルダに
保存する場合も多いですが、
自分が後から開く場合に
素早く開ける場所が良いと思います。

例えば
デスクトップに保存すると
探す手間も省けます。

エクセルの
「名前を付けて保存」の画面には
最近使用した
フォルダーの一覧が表示されます。

エクセルの参照から保存先を選択

この一覧に
保存するフォルダーがある場合は
それをクリックしますが、
そうでない場合は
一番下にある参照をクリックして次に進みます。

参照をクリック後の説明に進みます。

★次のページでは動画説明もしています。
最初の空白ブックを開く~保存まで説明しています。


1.エクセルの起動 

2.新規ブックを開く 

3.ファイルの保存方法 

4.保存先の選択方法 

5.ファイル名の入力 

6.シートのサイズの設定 

7.印刷サイズの設定 

8.印刷サイズの確認 

9.余白の設定方法 

10.プレビューで設定 

11.セルとシートの説明 

12.文字入力とセル幅 

13.セル幅に文字を合わせる 

14.セル内で改行する方法 

15.文字を編集する方法 

16.文字色の設定方法 

17.連番を入力する方法 

18.罫線の挿入方法 

19.罫線を編集する方法 

20.セルの結合方法 

21.結合後の編集方法 

22.数値の表示変更 

23.日付 時刻 %表示 

24.郵便表示と小数点 

25.計算式の入力方法 

26.簡単に合計を計算

27.式を複数セルにコピー

28.答えの場所を移動する

29.関数を使った式を使う